ホーム  
観光ツアー
ゴルフ場予約
ガイドさん派遣
大連レンタカー
格安チケット
ショッピング
大連グルメ
夜遊び、娯楽
大連のホテル
 

大連概要

大連市中華人民共和国遼寧省の南部に位置する地級市(地区クラスの市)。経済的重要性から省クラスの自主権をもつ副省級市にも指定されている。

地理

遼東半島先端部に位置し、西は渤海湾、東は黄海である。海を隔てて山東半島を臨む。 緯度は、ほぼ北緯39度上にある。この緯度付近には、日本の仙台市、アメリカ合衆国のサンフランシスコ市、ワシントンD.C.、ギリシャのアテネ市がある。気候は冬季の寒さが厳しく、-10℃以下の日もある。

行政

遼寧省では省都の瀋陽市に次ぐ大都市である。

大連市政府は、中山路の人民広場の北側の主要ビル(もとの関東州庁)および市内各地のビルにある。その組織には、商業局、外国経済貿易局、衛生局、情報(信息)産業局、警察(公安)、宗教、科学技術局などがあり、区レベルの該当部署とも連絡を取りながら事務を司る。大連市の最近の産業政策としては、2003年に「大大連計画」を発表し、4つの基地(石油化学工業、造船工業、現代設備製造工業、電子産業基地)と1つの中心(航運中心=物流センター)になるように勤めていて、2004年には「旅順南路ソフトウェア産業地帯」を発表し、大連ソフトウェアパーク第2期などを進めていて、また渤海に浮かぶ中国北部で最大の島といわれる長興島の開発も進めている。

行政区画

大連市は以下の6区、3市、1県から構成されている。

  • 中山区(ジョンシャン,zhōngshān) 43平方キロメートル、37万人
  • 西崗区(シーガン,Xīgāng) 26平方キロメートル、 33万人
  • 沙河口区(シャーフーコォウ,shāhékǒu) 49平方キロメートル、 60万人
  • 甘井子区(ガンジンズー,gānjǐngzi) 491平方キロメートル、 54万人
  • 金州区(ジンジョウ,jīnzhōu) 1390平方キロメートル、 66万人
  • 旅順口区(リューシュンコォウ,lǚshùnkǒu) 506平方キロメートル、 21万人
  • 普蘭店市(プーランディエン,Pǔlándiàn) 2923平方キロメートル、 82万人
  • 瓦房店市(ワーファンディエン,wǎfángdiàn) 3791平方キロメートル、 103万人
  • 庄河市(ジュアンフー,zhuānghé) 3866平方キロメートル、 90万人
  • 長海県(チャンハイ,chánghǎi) 152平方キロメートル、 9万人

歴史

の時代には三山と呼ばれ、代には三山浦、時代には三山海口、青泥洼口と称した。1880年代に清朝が大連湾北岸に砲台を築き、ようやく都市が形成され始めた。日清戦争後の1898年三国干渉の代償として、清から関東州(大連、旅順など)を租借したロシアが、東清鉄道の終着駅を設け「ダーリニー」(Дальний; 「遠い」)と名づけた。旅順にある艦隊と要塞の物資をまとめるため、また貿易の拠点として、港の整備とパリをモデルにした都市づくりが始まった。

しかし、1904年に勃発した日露戦争により、同年5月末には日本軍が無血入城を果たし、戦後の1905年ポーツマス条約により日本に租借権が譲渡された。日本は古地図に見られる中国語の地名「大連湾」からとった「大連」を都市名として採用した。これはロシア名のダーリニーと発音が似ていることにもちなむ。

ロシアの租借地時代は、現在の大連駅から東側の区割りとごく一部の建築物ができた状態であった。日本は、大連を貿易都市として発展させるため、関東都督府と南満州鉄道にインフラの整備を続行させた。その結果、道路のアスファルト舗装や、レンガなど不燃建築物が立ち並ぶ町並みができあがった。昭和初期には現在の大連駅とその駅前一帯が整備され、旧市街がほぼ現在の形になる。この時代の大連に関しては清岡卓行の、『アカシヤの大連』をはじめとする一連の作品群において描かれていることでも有名である。

第2次世界大戦末期の1945年、日ソ中立条約破棄によりソビエト連邦軍が対日参戦。このときにソ連は大連を占拠した。同年9月に戦争終結後も、中ソ友好同盟条約に基づきソ連は大連港を旅順港や南満州鉄道と共に引き続き管理下においた。中華人民共和国に返還されるのは1951年のことである。もっとも、このために、国共内戦では 国民党側の支配下に入ることはなく、終始共産党側にあった。

1951年旅順市を合併し、旅大と改称したが、1981年に元の大連に名前を戻している。 1990年代の改革開放経済のもと、中国東北部の中でも特に目覚しい経済的発展を遂げている。

大学

私立学校

  • 日本語:大連日本人学校(日本の教育科学省の小中学校、別に幼稚園も併設)

 ※基本的に日本国籍の子供が日本人学校に通う(日本人学校は大連日本商工会の管理である)。

 ※メイプルリーフ(楓葉)は小学校は開発区に、中学校は大黒石(旅順北路)に、高校は金石灘にある。

 ※市内「付家荘」に位置し、日本人学生が10名ほどいる(日本人学校のそば)。

日本語フリーペーパー

毎月1日頃を中心に、ホテル日本食レストランなどで、無料で入手できる。 「Concierge大連」、「Whenever大連」、「Eyes大連」、「大連チャンネル」、「iD」、「LOOK大連」、「ビプレ」、「大連散歩」などである。

主なイベント
大連市を挙げての年中行事は、花火大会(大連春節煙火晩会、旧暦1月2日旧暦1月15日、星海広場)、大連国際マラソン大会(大連国際馬拉松大賽、4月、全日空協賛、星海広場をスタートして市内道路を通過して大連市人民体育場がゴール)、大連国際ウォーキング大会(大連国際徒歩大賽、5月、日本航空協賛、星海広場から濱海南路へ)、アカシア祭り(大連国際槐花節、5月、市内各地)、中国国際ソフトウェア情報サービス交易会 CISIS(6月、大連世界博覧広場/会展中心二期)、大連国際ビール祭り(大連国際啤酒節、7月下旬~8月上旬、星海広場)、大連国際オートショー(8月、大連世界博覧広場周辺)、大連国際ファッション祭り(大連国際服装節、9月、市内中心部ホテル)などが行なわれている。

交通

大連火車站(大連駅大連周水子国際空 大連港 バイパス 快速公共交通バス

有軌電車

201路 興工街 - 振工街 - 五一広場 - 大同街 - 北京街 - 市場街 - 東関街 - 大連火車站 - 勝利橋 - 民生街 - 民主広場 - 世紀街 - 三八広場 - 二七広場 - 寺児溝 - 春海街 - 華楽広場 - 海昌欣城 - 海之韻公園
運賃は興工街大連火車站を第1区間、大連火車站海之韻公園間を第2区間として、単区間内なら1.00元、明珠ICカード使用で0.90元。第1区間と第2区間に跨る連続乗車の場合は2.00元、明珠ICカード使用の場合は1.30元となっている。学生カードに関しては区間に関係なく0.40元均一。
202路 小平島前 - 河口 - 七賢嶺 - 中国華録 - 高新園区 - 七賢路 - 海事大学 - 弘基書香園 - 黒石礁 - 星海公園 - 医大二院 - 化物所 - 星海広場 - 会展中心 - 和平広場 - 功成街 - 解放広場 - 錦輝商城 - 興工街
運賃は全区間一律1元、明珠ICカード使用で0.90元。学生カードに関しては0.40元。
101路、1系統のみ存在する。馬欄広場と大連火車站を結び、終点の大連火車站の手前約500メートルを除き、黄河路を通っている。
運賃は全区間一律1元、明珠ICカード使用で0.90元。学生カードに関しては0.40元。
馬欄広場 - 蘭玉街 - 遼師大学 - 大連交通大学 - 盖州街 - 科技谷 - 聯合路 - 長生街 - 市政府 - 同慶街 - 大連火車站
大連軽軌站(大連駅北口の専用駅) - 香炉礁 - 金家街 - 泉水 - 後塩 - 大連湾 - 金馬路 - 開発区 - 保税区 - 双D港 - 金石灘

 

 
Copyright @2016 tabidl.wiki2.jp All Rights Reserved